インプラントとは?

インプラント治療とは、何らかの原因で失ってしまった歯の代わりに、顎の骨にチタン製のネジを埋め込み、かぶせ物をして人工の歯を作る治療です。

失った歯をこれまでと同じように機能させることが可能な、画期的治療法です。

インプラントの構造

インプラントの構造

いま、天然歯とほとんど変わらない機能と外観を回復する、「第三の歯― インプラント(人工歯根)」治療が注目されています。

 ブリッジ 部分入れ歯

隣接する歯を1、2本失った場合 奥歯を含めて複数の歯を失った場合
両隣の歯を削って人口の歯をかぶせます

両隣の歯を削って人口の歯をかぶせます

  • 噛む際に、削られた歯に負担がかかり傷みやすい。
  • 歯根のない歯ぐきは、噛むことによる刺激がないため、次第にやせてしまう。
人工の歯を固定するために金属のバネで健康な歯に固定します

金属のバネで健康な歯に固定します

  • 金属のバネをかける健康な歯に負担がかかる。
  • 常に違和感がある。
  • 金属のバネが見えて、見栄えが良くない。
  • 金属のバネの間に食べ物が詰まりやすく、丁寧に掃除をしないと、虫歯や口臭の原因となる。
--- ---
インプラント
インプラントを埋め込み、その上に人工の歯冠を固定します。

インプラントを埋め込みます

  • 健康な歯を利用しないため、自分の歯を保てる。
  • 歯茎に噛む力がかかるので、歯茎を健康に保てる。
人工の歯を両隣のインプラントで支えることも
できます。奥歯を含めて複数の歯を失った場合のインプラント

  • インプラントは時間の経過とともにあごの骨と結合するため、歯を支える力は健康な歯とほとんど変わらない。
  • 単独で処置するので、健康な歯をそのまま保てる。
  • 外観も機能も天然の歯と変わらない感覚が得られ、違和感がない。
  • 特別なケアの必要がない

インプラントなら、“思いっきり”噛んで味わえる “思いっきり”笑顔で話ができる。

http://www.ns-search.jp/special/implant.html