上下同時印象による総義歯(総入れ歯)

あなたのお悩みをすべて解決!

「総入れ歯」だからとあきらめてはいませんか?

総入れ歯でも厚いステーキや硬いパンの耳だってちゃんと食べられます。

また、お顔の表情も若返らせることだってできるのです。

硬いパンの耳だってちゃんと食べられます

従来の総入れ歯の作り方

  1. 上下顎に形をとる
  2. 上下の咬みあわせをとる
  3. 人工歯の歯を並べたロウでできた義歯を試適する
  4. 完成

というステップで製作されています。

総入れ歯の作り方

この作り方の欠点としては

  1. 患者さんの筋肉の圧で形どりができない
  2. 平均した圧力で形どりができない
  3. 機能時(咬んだとき、口を動かしたとき、舌を動かしたとき、嚥下したときなど)の口腔周囲筋の形どりができない
  4. 上下別々に形どりをするので、誤差を生じる

などがあります。 

そこで新しく考案された方法が、上下の形どりと、咬みあわせと、周囲の筋肉の形どり、口唇、舌、頬の形どり、フェイスボウトランスファー(上下の顎と左右の顎関節、頭蓋骨の位置決め)を一度に行う上下同時印象法です。

この方法で採得した印象は、

  1. 正確な上顎と下顎の関係
  2. 患者さん自身の咬んだ力の圧力で、上顎、下顎の粘膜の形がとれる。
  3. 患者さん自身の、機能した口腔周囲筋と、口唇、舌、頬の形がとれる。
  4. 形どり中に嚥下(飲み込む)できるので嚥下時の口の中の形がとれる。
  5. とった形を、そのままフェイスボウトランスファーできるので誤差がない。

などの利点があります。

機能した状態の舌、口唇、頬の状態、口腔周囲筋に囲まれた義歯が入る空間がありのままに再現でき、それにより義歯が咬んだときの力、口腔周囲筋、口唇、舌、頬の携帯によりしっかりと維持安定されます。

また人工歯は口唇と舌と頬と口腔周囲筋のバランスのとれた位置に並べられるので、以前に歯があった場所に再現でき、とても自然で若々しい口もとを再現できます。

東京・埼玉入れ歯治療研究所

 「咬める入れ歯には理由があります。」