セラミックを用いた審美歯科治療

セラミックを用いた審美歯科治療

 

思いっきり!笑えますか?

歯の美しさに自信がなくて、口を大きく開けて笑えない

話をするとき、無意識に手で口元を隠してしまう

相手の方に、どう見られてるのかが気になる

自分のお口の中、一度気になりだすと気になってしょうがない。そしてどうしても消極的になってしまう

でも大丈夫、安心してください!

いまの歯科医は進んでいます

もっと自然に、他人に治療あとを気づかれない

そんな治療だってできるんです

口元の自然さを取り戻して、あなたの自信も取り戻して、そしてもっと積極的に!

審美歯科治療は、従来の虫歯や歯周病といった歯や歯の病気を治すことが目的ではなく、もう一歩進んで、美しく健康な歯や歯肉を作ることを目的としています。
そして、審美歯科治療は、美しい歯や歯肉を作るばかりではなく、美しい笑顔を作り、心身共に大きな恩恵をもたらします。

審美歯科治療の目的

健やかで豊かな生活へ導きます。
一言に審美歯科といっても、単純に見た目をきれいにするだけが目的ではありません。審美歯科治療によって、正常な咬み合わせを作り出し、身体の機能をあるべき状態へ導くこともできます。また、歯にコンプレックスを持っていて人と話し辛い、思いきり笑えない、という方の悩みを解消することも、審美歯科の重要な役割の一つです。

審美歯科の目的も他の一般的な医療行為と同様、ひとりでも多くの方々が豊かな日々を送ることができるよう、健やかな身体づくりに貢献することにあります。

きれいと健康は表裏一体

人の身体において「きれい」ということと、「健康である」ことは表裏一体のものであり、特に歯においてその美しさは、機能美であることが多いと考えられます。様々な機械や車、電車なども力学的に考えられ効率良い設計をされた場合に、同時に美しさを併せ持つことに気づくことがあります。だからこそ近年審美歯科の需要が高まっているのです。

元来、歯は「生体鉱物」と言われる特殊な身体の組織、器官であり、その機能を果たすために細胞の一つ一つが確実な配置をとって構成されています。機能を果たすために最適な形態を持っているものなのです。そして審美歯科はその最適な形態になるべく近づけることを目的としています。